結婚生活は単調

単調な日為の反斑は、当然のことであるが、倦怠と退屈をうみます。世間は
しばしば、夫婦の倦怠期というとくくつな心理状態の時期についてうんぬんします。けれども、
倦怠と退屈とは、じつは結婚のもっている宿命的な性格なのです。結婚して三年目に、はじめて
倦怠期というものが、突然おとずれてくるものではないのです。新婚の翌日から、反覆の第一歩
がはじまっているのです。倦怠期とは、これからながながとつづくと思われる未来の倦怠の期間
にたいして、はじめてはっきりと自覚し、そのことにいいようもないおぞましさを感じはじめる
時期のことにほかなりません。
仕事もいいけど、人生設計もしっかり考えて素敵な出会いを見つけてください。
しかも倦怠を感ずるのは、妻よりもいっそう男性である夫でありましょう。いままでのところ
結婚生活では、男性である夫が主役を演じ、イニシァティブをとってきました。
しかも、その夫が最初に、そしていっそう強く倦怠にめざめるのです。
だから、結婚はいつでも危機に立っているともいえるのです。
結婚、あるいは今日われわれが望んでいる一夫一婦婚は、ドイツの心理学者であるシャーロッ
テ・ピューラーもいうとおり、人間がなにか一定したものGOB①冒掲計画ロ弓)を求めずには
おれないという傾向の生みだしたものでありましょう。一定しない生活は人間に不安を与えま
す。そして不安はもっとも耐えがたいもののひとつです。

参考:出会系 アプリ
033

Comments are closed.